医歯薬学部の大学受験を勝ち抜く!

大学受験で医学部受験を勝ち抜く!

医学部、歯学部、薬学部の大学受験の中でも特に偏差値の高い医学部の大学受験を勝ち抜く為には、学力と戦略が必要になります。

国公立大学の医学部受験の場合、センター試験で、9割の得点率をあげるのが最低条件になります。

私立大学の医学部受験に関しても志願者数は増加傾向にあり、年々難易度は高まっており、私立大学医学部の最低合格ラインの偏差値も60前後まであがっています。これにより偏差値60をきれば合格が厳しい状況になってきています。

最近では国公立大学医学部において後期日程を廃止する大学も増えてきています。センター試験の配点の高い後期日程を廃止する大学が多くなる事で、前期日程にその分定員がまわされる事が多くなる中、各大学医学部入試問題の傾向を分析し対策を立て、学力をつけ、偏差値をアップする事が本当に必要になってきます。

大学入試、大学受験情報、センター試験の情報、各大学の試験問題の傾向と対策など自分1人だけで対策を立てるのが難しい場合は自分に合った大学受験予備校を選ぶのも良いでしょう。

大学受験で医学部合格の為の予備校は必要か?

医学部受験を目指すにあたって、まず第一志望とする大学が国公立大学か私立大学のどちらにするのかというのに対策が変わってきます。

国公立大学医学部受験を希望する場合は、入試問題は基礎学力があればとけるような問題が多いのでどれだけ取りこぼしがないように高得点をとれるかがポイントになってきます。
故に、基礎学力を高めるにあたって自分でやれるのであれば予備校にいく必要もないでしょう。
ただ、自分で大学入試の傾向を調べたり、受験までのやる気を継続するのは大変です。それに加えて自分でどんな勉強をしていったらいいのか明確にわからない場合は、予備校の力を借りた方がより合格への可能性は高まるでしょう。

私立大学医学部受験を希望する場合は、学校により問題がひとくせもふたくせもあり、普通の受験勉強だけを1人でやっても相当厳しいでしょう。
志望大学の問題傾向を分析した上で対策を立てるのであればやはり予備校の力を借りた方がいいと言えます。ただ、予備校によって特性があり大手大学受験予備校から中堅大学受験予備校、医学部専門予備校まで色々あるので、予算的な事や授業形式も考慮して自分にあった予備校選びをする事が大切です。
当サイトでも多少ではありますが、予備校のタイプの紹介もしていますので参考にして下さい。


           

管理者からのお知らせ

偏差値等が最新の情報でない場合がありあますが、随時変更していきますのでご了承下さい。